<更新頻度はカメの歩み>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - / スポンサードリンク
「ねぇマスター、伝説の半音下げライブの話きかせてよ」
タイトルに意味はありません。

続きを読む >>
THINK / - / - / shar0n
きのうのこと。
ほろ酔い気分で帰宅途中、メルフォ経由で長いメールを頂きました。
メルトダウンに置いてるメルフォとは共有しているのだけど、文面から多分こちらからかなと思ったのと、返事のしようがないのでこちらからご返事をば。

昨日、友達との話題にも出たのだけど、離れてしまうことは別に悪いことでもなんでもなくて、次へ真っ直ぐ進むための布石のような気がします。

回り道なんかでもない。ただ、気持ちには素直でなくてはならないと思うから。惰性や妥協で観に行くなんてそんなばかなことは辞めた方がいい。人のお金で観に行くわけではなく、仕事でもなく、自分の出来る範囲でと願うなら尚更だと思う。

それでも、一度離れたそれに対して、また観てみようと思えた、というきっかけがここなのであれば、それはとても嬉しいことです。どうもありがとう。まったく進まないところでありますが、またの機会にふらりと来てみてくださいな。ひょっこり増えているかもしれませんので。

でも、郡山は無理ですわい。チケットが見つかったら、書けないことを素直に書きたいと思います。

alaのツアーも終ったので、そろそろ初日からのレポも上げますかいのう。
THINK / - / - / shar0n
ツアー“心へ”に向けて
決めました。

ツアー初日の札幌は行きません。

申し込みはしない、と思っていた今回のツアーですが、どういった封筒で来るのかといった、ファンサイト管理人としての興味があり、初日はハズせないだろうということで、実は先行で札幌だけは申し込みをしておりました。今日の15日が締切日なのですが、申し込まないことにします。

土曜にロスト観て、それから日曜にPE'Zを観てから、思ったのです。

ロストはセットリストが全く同じでも、違う感動を見せてくれる。PE'Zは例えライヴが連続していても、セットリストもアレンジも変える気合を見せてくれる。で、その二つとも、「文句ナシに最高」というステージを今までに見ているので(それを超えるか超えないかはともかくとして)、更なるステージを観に行こうと思えるのです。

でもCOSに関しては、そうは思えないのです。前からずっと思っていたことをはっきり書きたいと思います。同じセットリストでも場所が違えば違うものを見せてくれる、とはもう思えないのです。

以前あった招待制のプレミアムライヴ、CCCDを買わないと応募が出来ないということで、自分の中でかなり葛藤しました。けれど、そのライヴに行きたいという念で、CDが応募券だと言い聞かせ1枚購入して、名古屋を応募して当選。その他にViewsicの招待もあって、東京は当選。知人のご好意もあって大阪にも行けて、3ヶ所全部観に行けました。他にもツアーやイベント・ラジオ公録など、自分の出来る限りの範囲内で、かかさず行っておりました。それはそのアーティストえおの一番良い部分を観たいから、という気持ちが一番なのです。

けれど、前回のツアー、広島・福岡・札幌以外の渋谷塔・横浜・東京・京都・神戸・仙台・名古屋・大阪を観て、正直そうは思えなくなってしまいました。

残念な事ですが、デビューして三年、ここがふんばりどころだというのにも関わらず、彼らが何を求めているのか判らないステージを沢山見せられました。あれだけセットリストも変えていくと言った割には、セットリスト以上にMCもシナリオが決められているようなものでした。続けて観ない人は沢山居るのです。私のように「次があるから」で観ている人はほんの一握り。その場所その場所でしか観ない人は沢山いるのです。だからこそ、毎回毎回を見て、それがメンバーの最大限なのかと不思議に思っていました。

お客さんが少なくたって、会場が狭くたって、届くところにはちゃんと届くのです。だからこそ、今お仕着せのように与えられたぬるま湯の場所で、やっている意味が私にはさっぱり理解が出来ないのです。

いくら良い音楽を作っていても、それを発信するべき能力がなければ、良い音楽は広まっていきません。例えばライヴを観た人が友達へ口コミで、試聴機に入っていたのを聴いてみて・・・というような効果的な方法を作ることが出来ていません。今はCOSを応援するメディア側が独自にやっている「ラジオ局で流す方法」に則っているようなやり方しかないのが現状です。オフィシャルサイトのBBSに来るファンを見ても判ります。その効果的な方法を行うのが、ミュージシャン側でなくてスタッフの仕事だとしても、その仕事が効果的に行われていないのであれば(注:CORE OF SOULのオフィシャルサイトのNEWSは、出演情報を全く網羅しておりません)、ひとつひとつの仕事を大事にしていかなければならないのではないでしょうか。

ライヴに行けない人へ伝わる数少ないチャンスというメディアへの出演を。例えばラジオ、TV、地域のイベント・・・それらを接したいというファンに伝えねばならないのがオフィシャルの仕事だと思います。それがなされていない、ラジオ局で流れて、ラジオ局が主催するイベントに出て・・・

でも、それは全てメディア側の人達が「CORE OF SOULのファン」だからであって、そういった状態にあぐらをかいているとしか思えないのです。ヒロさんや浅井さんなど、応援している業界の方々、そういった形にのっとってイベントが開催されたりしているこの現状。そういう人達が好き、といってくれるから、希望しなくても勝手に曲がラジオで流れる。新しいアルバムについて、オフィシャルより早くコメントが流れる。そういったことに甘えていてはダメなんだと思うのはファンの我侭な戯言ですか?

-----

レミオロメンがあれだけ大きくなったのは、勿論事務所やレコ社の力もあると思う。雑誌やTVに出るのは、それが主要だからだ。 でも、それ以上のものがあったからだというのは、一昨年のクアトロに居た人は誰でも思っていたように思う。終わった後に物販で繰り広げられた自主盤完売の様子からもそうだった。けれどあのクアトロでは、COSはメインのバンドで出ていた。他のバンドと比べても「何故に出演したのか」と異色だったのは間違いない。でも、そこを超えていくような、他のファンをも巻き込むようなライヴは見せてくれなかったし、ファンである自分たちですら(ファンの目といった辛口感想を抜きにしても)、駄目なライヴだったと今でも言っている。それは今まで「与えられた場所でしかライヴをやっていない」「目の前にファンしかいない場所でしかライヴをやっていない」ということの現れが、あの日に大きく露呈しただけなのだと。

あの日のライヴは、メンバー自身からも良くなかったという話を文字で目にした。じゃあ何をどうすればいい、とかそこには行き着かなかったのだ。同じような環境でしかライヴを繰り返していけない。ミュージシャンにはハングリーさが必要不可欠だとは思わないけれど、努力はすべき事だと思っている。大学生だから、とかそんなのは関係ない。意見は無視されず、やりたいようにやりたい、と妥協を許さないメンバーだからこそ、私は今の現状に異を唱えたい。

-----

あれだけ楽しかった、と思えるライヴを見せてくれた人なのに、と思うのは残念ですが、「地元大阪でのライヴだけは特別なのだ」と他の地域の方に悲しい顔をさせるようなライヴはもう沢山です。どこの会場でも、その場所しか行けない人もいる。ツアーに参加する人が皆観た場所で良い顔になって帰ってもらいたいと思う。それは私たちファンだけなのでしょうか?

そうは思えない。そうは思えないからこそ、沢山観てきました。

でももう限界です。

私は他のアーティストとかぶったライヴ日程で、これ以上COSを優先させるという気分にはなりません。

オフィシャルでメディア出演情報やイベント参加情報がきちんと掲載されない以上、私は私なりの方法でCOSを応援していきます。

沢山の会場を観たからってそれが何なのか、という人はそう思えばいい。「私は沢山のライブを観に行くの」と回数を競う人は、楽しんでくればいい。

失望したのではないのです。


ただもうこれ以上悲しくなりたくないだけなのです。
THINK / - / - / shar0n
: 1/1 :
Block B 3rd ミニアルバム - Very Good (韓国盤) Past 7days [DVD] 【2枚セット 黒&白 】BIGBANG MADE SERIES M ( 2CD+限定フォトブック7冊 )( 初回限定特典21点 )(韓メディアSHOP限定) Installation ※紙ジャケット仕様 (2枚set) BEAST 8th ミニアルバム ORDINARY [A+B] (韓国盤)(デラックス特典)(ワンオンワン店限定) 【Amazon.co.jp限定】BUMP OF CHICKEN WILLPOLIS 2014(初回限定盤)(オリジナル缶バッジ付) [Blu-ray] A Mirage In The Sun My Instant Song E.P. surroundings [DVD] fifth DOORS